よくある質問

身に覚えのない請求書が送られてきました。どうしたらよいでしょうか?

 『訴訟提起通告書』などの文書や電子メールを送りつけ、『貴殿の消費料金未納により、民事訴訟が提起される』など不安をあおり、電話連絡等を求める架空請求が急増しています。
 こういった架空請求に対しては、相手方に問い合わせなどせずに無視してください。問い合わせをすることにより、相手方にこちらの電話番号、メールアドレス、住所、氏名等の情報を与えてしまい、それらを悪用して恐喝されたり繰り返し同様の請求を受けたりする場合があります。

 しかし、無視する、放っておくというのは不安で心配だという方も多いでしょう。ご心配な場合には、警察やお近くの司法書士・弁護士にご相談ください。

 また、まれに無視できず対応が必要な架空請求もあるのでご注意ください。支払督促や小額訴訟などの手続を悪用し、架空請求について裁判所に申立てを行う架空請求業者もあり、その場合、何の答弁もせず放置しておくと架空請求について判決などがなされ、強制執行を受けるようなことがあります。
 裁判所から訴状や支払督促等の書類が届いた場合は無視せず、すぐに司法書士・弁護士にご相談ください。


登記のこと

相続・遺言のこと

法的トラブルのこと

成年後見のこと

借金のこと

ページの先頭へ