令和元年台風第19号の被害に関する会長声明

                                                                     令和元年10月18日
                                  
                                                                     茨城司法書士会
                                                                     会長 藤井 里美

 本年10月12日(土)夜、台風第19号が伊豆半島に上陸し茨城県付近を通過、その後東日本を縦断しました。この台風により日本列島は広範囲で激しい雨になり、特に東日本各地に大きな爪痕を残しました。

 この甚大な災害によりお亡くなりになられた皆様に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 記録的な大雨により川の氾濫が相次ぎ、県内では久慈川と那珂川の堤防が決壊、濁流が大子町・常陸大宮市・水戸市などの住宅を襲いました。また常磐道水戸北スマートICが水没し、JR水郡線の橋梁が流されるなど、多大な被害をもたらしました。茨城県災害対策本部の発表によりますと、10月17日15時00分現在、死者2名の人的被害、半壊・一部損壊・床上浸水・床下浸水など2300棟を超える建物被害が出ています。

 茨城司法書士会としましては、被災された皆様が少しでも早く安心で平穏な生活に戻ることができますよう、関係団体等と連携協力し支援してまいります。

ページの先頭へ